釧路高専 学生支援
釧路高専ホームページ 矢印

 釧路工業高等専門学校は、文部科学省公募の下記の事業に選定されたことにより、発達障害又はその疑いのある学生に対する具体的な支援の在り方に関して実践的に取組み、高等専門学校全体における特別支援教育体制の整備・拡充を図ることとなりました。

学生支援GPの詳細については文部科学省及び独立行政法人日本学生支援機構 のホームページをご覧下さい。


【プログラム名】 新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム

【事業名称】 高等専門学校での特別支援教育推進事業(平成19年度選定)

【取組期間】 平成19年度〜平成20年度

【共同事業校】 佐世保工業高等専門学校

【選定プログラムの概要】
 技術者教育において、理工系学生に多いといわれる発達障害を持つ学生への教育支援は、さまざまな能力や特性を持った人々が共生できる社会を形成するために、解決すべき重要な課題です。
本プログラムは、発達障害のある学生に対する具体的な支援の在り方に関して、支援実績が豊富な佐世保工業高等専門学校と、調査・研究活動において先進的な業績を有する釧路工業高等専門学校が共同事業として実践的に取組み、高等専門学校全体における特別支援教育体制の整備・拡充を図るものです。
 そのため、両校が、発達障害のある学生に対し、その状態に応じて、修学支援、就労支援、ソーシャルスキル・トレーニングやメンタルケアなどの生活支援を、外部専門機関等と連携を取りながら実施し、その取組みを相互評価することにより、実際に稼動する特別支援教育システムを構築します。

【事業の目的・必要性】
 本補助事業は、既に学生相談室が中心となって発達障害学生に対する対応や支援を進めてきた佐世保工業高等専門学校の実践活動と、独立行政法人日本学術振興会科学研究費補助金研究(基盤研究(C))などにより、高等専門学校における発達障害学生に関する調査や先進的な研究を行っている釧路工業高等専門学校の研究グループの研究活動を融合し、学生支援の一環として、高等専門学校における発達障害あるいはそれが疑われる学生に対する特別支援教育の在り方を模索し、推し進め、その取組を検討評価し、全国に発信することを目的としています。
 外部の関係機関と連携を図り、専門的な指導や助言を受けながら、「修学支援」「生活支援」「就労支援」の3つの視点で本補助事業を実施し、校内支援体制の整備・充実を図る。保護者との連携も強化し、学生が将来自立し、社会の中で適応していけるように、卒業後のことまで視野に入れながら学校の中での支援体制を構築します。この取組を釧路高専と佐世保高専で相互に評価することにより、 実際に稼動する特別支援教育システムを構築することを目的とします。