釧路工業高等専門学校紀要投稿要綱

平成20年7月23日改訂
釧路工業高等専門学校図書館委員会制定


[1]目的

1. 釧路工業高等専門学校(以下「本校」という。)が学術研究などの研究成果を公表するために発行する「釧路工業高等専門学校紀要」(以下「紀要」という。)に論文を投稿する場合は、この要綱によるものとする。

[2]編集方針

1.紀要の発行

  年1回、12月とする。

2.投稿資格

  本校教職員(学外者との連名の場合を含む。)とする。

3.論文の内容

  投稿論文は、投稿者の原著による未発表のものとする。ただし、図書館委員会が認めるときはこの限りでない。

4.論文掲載の決定

  図書館委員会は論文概要を査読(審査)し、紀要への掲載を決定するものとする。掲載の決定した論文は、委員会が選出した担当委員によって、内容確認が行われるものとする。

5.原稿の提出

5-1 論文概要

  釧路工業高等専門学校紀要執筆要綱(以下「執筆要綱」という。)に基づいて記述して、総務課図書係をへて、図書館委員会に提出するものとする。

5-2 論文原稿

  執筆要綱に基づいて、A4判用紙に記述するか、カメラレディ原稿として作成し、論文原稿確認票を添付した上で、総務課図書係に提出するものとする。なお、カメラレディ方式による原稿提出者は、最終稿をPDFファイル等の電子化されたファイル形態でも提出するものとする。

6.論文概要・論文原稿の提出期限日

   論文概要    6月末日
   論文原稿    9月末日

7.投稿の取り下げ

  投稿稿を取り下げる場合は、理由を明記した文書で申し出るものとする。

8.印刷経費

8-1 経費負担

  抜き刷りを30部以上希望する場合は、超過部数の費用は投稿者の経費負担とする。

8-2 投稿頁数

  1編の頁数は、原則として刷り上がり10頁(図・表・写真を含む。)以内とする。ただし,これを越える場合は図書館委員会の議を経て認めることとする。

9.論文電子化

  投稿者は、投稿論文を本校のホームページ上での公開に同意するものとする。

10. 原稿の投稿方式について

  2004年度までは、カメラレディ方式と、組版式の原稿のどちらでも受け付けるが、2005年度からは、カメラレディ方式を実施するものとする。
  ただし、カメラレディ方式で対応できないものについては、差額を研究費から負担することで、組版式を特例として認める。