建設・生産システム工学専攻


教育上の目的


 建設・生産システム工学専攻は,機械工学,建築学等を基盤とした共通・境界領域の知識を応用し,社会基盤分野において活躍できる応用力と創造力を兼ね備えた設計・開発能力を持つ人材を育成することを目的とする。

建設・生産システム工学専攻の概要


 建設・生産システム工学専攻では,主として機械工学,建築学を基礎とする学生に対し,本科で修得した基礎学力,専門的能力をさらに高い水準に上げることのできるカリキュラムを構成しています。これにより問題解決能力・豊かな発想力をより高めた実践的技術者を養成します。さらに,学科の共通あるいは境界領域の分野に関しては,建築設計と機械設計の両方の視野のもとで対応できる設計・開発技術者や,地域の特色である低温環境における諸問題に対応できる技術者を育成します。




電子情報システム工学専攻


教育上の目的


 電子情報システム工学専攻は,電気,電子,情報工学等の関連工学に関する十分な基礎力と応用力を身につけ,これを活用した境界領域に関する知識を持ち,さらに,応用力と創造力を兼ね備えた研究開発能力を持つ人材を育成することを目的とする。

電子情報システム工学専攻の概要


 電子情報システム工学専攻では,主として電気工学,電子工学,情報工学を基礎とする学生に対し,本科の教育で修得した基礎学力を直接活用しながら,高度な専門技術を学ぶことにより,効率よく専門性を高めることができます。さらに,互いに関連する境界領域についても学ぶことにより,各種機器の開発,設計,製造及びシステムの開発,運用などに従事できる創造性豊かで高度な研究開発能力を有する高度実践的技術者を養成します。



機械工学科 教育上の目的と概要

電気工学科 教育上の目的と概要

電子工学科 教育上の目的と概要

情報工学科 教育上の目的と概要

建築学科 教育上の目的と概要