現在位置: ホーム / 各研究室 / 桒原浩平研究室

桒原浩平研究室

 

人間と生活環境にかかわる分野を専門としています。最近では、

  • 3Dプリンター
  • ウエアラブル端末
  • サーモカメラ
  • ファン付き作業服

などを利用した研究に取り組んでいます。

研究論文等

  Researchmap

平成30年度 専攻科特別研究テーマ

  • 久保元人  建設作業現場における暑熱環境の評価および熱中症リスク対策に関する研究

平成30年度 卒業研究テーマ

  • 小川花音  Raspberry Piと3Dプリンターを用いた人型温熱環境測定器の開発-人型模型の姿勢と大きさが温度に及ぼす影響-
  • 杉目育太  中古住宅活用のための断熱・気密性能評価法に関する研究
  • 西川耕平  ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究-運動習慣と最大酸素摂取量の関係と経年変化の影響-

平成30年度 活動記録

平成31年3月20日 空気調和・衛生工学会北海道支部第53回学術講演会(北大)にてファン付き作業服の評価に関する研究発表と北海道胆振東部地震における建築設備被害調査報告を行いました。

平成31年3月6日 建築学会北海道支部第13回環境工学系・卒業論文発表会Eggs'18(札幌市立大サテライト)にて卒業研究生が発表し、小川花音さんが優秀発表賞を受賞しました。

平成31年2月22日 平成30年度釧路高専専攻科学生特別研究発表会(釧路プリンスホテル)にて専攻科の久保君が特別研究の発表を行い、釧路高専地域振興協力会会長賞を受賞しました。

平成31年1月24日 明石高専Co+work最終報告会に出席しました。

平成30年12月8-9日 人間-生活環境系学会大会第42回人間-生活環境系シンポジウム(摂南大)でウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究発表を行いました。

平成30年11月10-11日 全国高等専門学校デザインコンペティション2018が釧路市観光国際交流センターで開催されました。

平成30年10月7日 エンジュニアクラブの科学講座「寸法のはなし」を開催しました。

平成30年9月14日 空気調和・衛生工学会大会(大同大)にてファン付き作業服に関する研究発表を行いました。

平成30年9月6日 日本建築学会大会(東北大)にてサーモカメラを用いた住宅の熱性能評価に関する研究発表を行いました。


平成29年度活動記録

平成28年度活動記録

平成27年度活動記録

平成26年度活動記録

平成25年度活動記録

平成24年度活動記録