現在位置: ホーム / 各研究室 / 桒原浩平研究室

桒原浩平研究室

 

人間と生活環境にかかわる分野を専門としています。最近では、

  • 3Dプリンター
  • ウエアラブル端末
  • サーモカメラ

などを利用した熱環境評価の研究などに取り組んでいます。

研究論文等

  Researchmap

平成29年度 専攻科特別研究テーマ

  • 久保元人   ウェアラブル端末を用いた熱中症リスク評価に関する研究

平成29年度 卒業研究テーマ

  • 石山太郎   省エネルギーにかかわる居住者の意識・行動の地域性に関する研究
  • 岡田伊吹   オープンストリートマップを用いた屋外活動時の温熱環境の評価
  • 櫻庭隆一郎  サーモカメラを活用した建築物の環境性能評価に関する研究
  • 山宮創瑠   3Dプリンターを用いた熱中症リスクセンサーの開発

平成29年度 活動記録

平成30年3月20日 空気調和・衛生工学会北海道支部第52回学術講演会(北海道大学)にて専攻科の久保君が「ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究(第4報)運動習慣と最大酸素摂取量の関係」について研究発表しました。

平成30年3月9日 建築学会北海道支部第12回環境工学系・卒業論文発表会Eggs'17にて卒業研究生が発表しました。

平成30年2月23日 平成29年度釧路高専専攻科学生特別研究発表会(釧路プリンスホテル)にて専攻科の久保君が特別研究の発表を行いました。

平成30年2月21日 釧路市異業種交流プラザにて「建物と湿気・換気のはなし」について話題提供しました。

平成30年1月14日 エンジュニアクラブの科学講座「換気のはなし」を開催しました。

平成29年12月1日 自動車技術会車室内環境技術部門委員会にて「ウェアラブル端末を利用した熱中症リスク評価に関する研究ー体力的疲労度と心拍数に基づく疲労到達時間の推定ー」の話題提供を行いました。

平成29年11月26日 日本建築学会熱シンポジウムにて「3Dプリンターによる温度計の 製作と評価」の話題提供を行いました。

平成29年7月2日 エンジュニアクラブの科学講座「建物と湿気のはなし」を開催しました。

 


平成28年度活動記録

平成27年度活動記録

平成26年度活動記録

平成25年度活動記録

平成24年度活動記録