大楽毛地域住民津波避難訓練が行われました

大楽毛地域住民津波避難訓練が行われました

 10月8日(火),釧路市大楽毛地区全域において,大楽毛地域全町内会が参加した津波避難訓練が実施されました。

 釧路高専は,釧路市の緊急避難施設等の指定を受けており,大楽毛連合町内会より協力依頼があったもので,地域住民の方々は4号棟校舎の3階まで避難しました。

 この訓練は,午後1時に大地震発生,5分後に大津波警報が発令されるという想定で行われ,当日は雨天にもかかわらず60名超の地域住民が参加しました。

 訓練の最後には,大楽毛地区防災推進協議会の方から,大津波警報が出たらすぐに避難できるように日頃から準備をしておきましょう,との呼びかけがありました。


階段を使って避難


避難人数の確認