北海道地区高専体育大会の結果について

北海道地区高専体育大会の結果について

令和4年度北海道地区高専体育大会が7月9日(土)10日(日)(アーチェリーは7月2~3日)に北海道4地区で開催されました。
過去2年間はコロナ禍で中止になるなど、学生にとっては残念でありましたが、今年度は無事開催することができました。
本大会は8月後半に行われる全国高専体育大会の予選も兼ねており、本校からは、以下の競技・種目で全国大会への切符を勝ち取りました。

  ・バレーボール(男子)優勝
  ・バレーボール(女子)優勝
  ・卓球(女子シングルス2位・ダブルス1位)
  ・ソフトテニス(男子ダブルス2位)
  ・柔道(男子無差別級)
  ・テニス(女子シングルス1位・女子ダブルス1位)

見事、地区大会で男女優勝を飾ったバレーボール部の顧問からは、以下のとおり、熱戦の経過報告がありました。

『男女とも「連覇」を目指し、挑んだ第58回北海道地区高専体育大会バレーボール競技。男子は戦力不足から優勝はむずかしいかな?と思う一方、女子は優勝確実という状況でした。男子の他校公式練習を見て、「ひょっとしたらワンチャンスあるかも」と思い始めました。結果、初戦対函館戦。一番の強敵。逆境跳ね返し、1セット先取。2セット目、終始リードするも終盤追いつかれ落とす。3セット目シーソーゲーム。何度かあったチャンスをものに出来ず、1-2で敗戦。
2戦目対苫小牧戦。2-0で危なげない勝利。際どい場面はありながら。最終戦を前に、函館が苫小牧にまさかのフルセットで敗戦。
最終戦対旭川に2-0で勝利すれば優勝。戦いがスタートし、1セット目先取。2セット目も終始リードするも、終盤で逆転され落とす。3セット目もリードするも終盤追いつかれ不安がよぎる。結局一気に逃げ切り2-1で勝利。得点率、僅差で優勝しました。
女子は全試合2-0で勝利し、危なげ無く優勝を勝ち取りました。』

詳細は、北海道地区各高専のHPをご覧ください。

〇ソフトテニス(釧路高専)

〇卓球・サッカー・バドミントン・ハンドボール(苫小牧高専)

〇バスケットボール・テニス・野球(函館高専)

〇バレー・剣道・アーチェリー(旭川高専)
https://www.asahikawa-nct.ac.jp/

                          野球部:準優勝!全国までもう一歩。

                        バレー部女子:優勝に向けて気合を入れる!

                      バレー部男子:見事!逆転優勝!!喜びもひとしお。

                          テニス部女子:優勝!準優勝!

                         ソフトテニス:勝利まであともう少し。